×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 



メシ喰うな

 TOP  MENU  MUSIC  RECOMMEND  JAZZ  BBS  LINK  ABOUT

04.DEC 

※新しくUPされた日記は黒色で表示しております
※無断でリンクしているサイト、またはブログがあります。文句はこちらへ→


2005.1.19.wed.

<ニートを考える>

現実を直視しようじゃないか、ニート予備軍ども。
最近の社会問題はフリーターの増加ではなく、ニートの増加らしい。ニートは、無職だけに留まらず、アルバイトにも就かない働かない人のことを指している。
因みに、私はニート予備軍である。
アルバイトは引越しのためもうすぐ辞めてしまうし、就職も決まっていない。故に4月からの生活はまるで想像がつかない。
働く気はかなりあるが(CDが買えなくなるから、という理由のみで)、特に何をやりたいというわけでもない。何をやってもいいが、如何せん履歴書を書く、面接を受けるという経緯が面倒臭い。
典型的な駄目人間だ。

さて、本日MSNのトピックの話題はこのニートだった。
深刻なニート問題
『就職もバイトもしない若者が日本をダメに』

先ずMSNのタイトルが馬鹿馬鹿しい。
日本のために働こうとする人などいない。
日本がダメになろうが知ったこっちゃない、そんなことを偉そうにタイトルにする辺り、こいつらは相当日本の将来を憂いているのでしょう。
立派なことだ。
ニートが多くなると日本の労働経済がどうなる、出生率がどうなるなんてまるで解決に繋がらない。問題提起であったとしても目線が違う。

美辞麗句ではいくらでも言える。
『就職に希望を持つな』、あるいは『人生は諦めること』と言った言葉の方が有効のような気がする。教育の段階でボタンの掛け違っているのだからしょうがない。


2005.1.18.tue.


<喫煙全面戦争>

昨年、ブータンでは国内で喫煙が違法になり、イタリアではバー、居酒屋、レストラン全てが禁煙になった。
今日のMSNのニュースによると、自殺者は一日ニ箱以上喫煙するヘヴィー・スモーカーに多いとのこと。勿論全員がそうではないという注釈付き。

私は最近煙草の量を減らして、一日一箱吸うかどうか(呑み時抜きで)。大昔は一日ニ箱以上は当たり前、という状況だったのでそれを考えると少しはマシになったかな、という感想。
因みに、昔は風呂の中でも煙草を吸っていた(これは煙草と煙草を持つ指先に水をつけてならない、という大変に困難な作業である)。

年々喫煙者の肩身は狭くなる一方で、私も家族等に止めろ、辞めろ、病めろと散々言われている。ここで煙草を冷静に分析してみることにしよう。

その1、非喫煙者に対する副流煙、主流煙等の人的害。
その2、非喫煙者に対する煙草臭の附着。
その3、喫煙者のマナー悪化
   a) 煙草のポイ捨て
   b) 非喫煙場所での喫煙
   c) b)に関係して、歩き煙草 -火傷の増加
その4、煙草消し忘れ、寝煙草による火事増加。
その5、部屋での喫煙により、ヤニの附着。(アメリカでは家屋の売価にまで影響すると言う)
その6、喫煙者自身への害
   a) 肺癌、喉頭癌の増加
   b) 気管支炎系の悪化
   c) 脳腫瘍、脳梗塞、心筋梗塞等の発症率増加
その7、煙草の出費

だいたいこんなものだろうか、一般的に言われるデメリットは。この中でその6だけは解決する。煙草を吸っている奴で、こんな事を気にするのなら最初から吸うな、ということだ。

解決策としては、喫煙者と非喫煙者を隔離。喫煙者VS非喫煙者の冷戦状態へ。
これは、くだらなく平和で良い。



2005.1.17.mon.


<TEN YEARS AFTERAGO>

忘れもしない10年前のあの日、私の実家は神戸からは若干離れているがそれでも兵庫県在住でかなり揺れた午前5時過ぎ、、私は中学1年生だった、ような気がする。
一体何が起こったのだろう、と思ったが、考えるのは後にしてとりあえず再び眠りについた。
起きると、神戸の街が崩壊していた。

と、書いてみたけれど、本当はあまり覚えておりません。うちの地域の震度は確か
6ぐらいで、学校が崩壊していればいいな、と希望を胸に学校へ登校したが実際には体育館の窓ガラス等が割れ、更には大木が倒れている程度で特に授業に支障があるわけでもなく、ほぼいつも通りの生活が送られた。
おそらく私は、他人の痛みを考える部分の何処かが欠落していたのだと思う。

当時のテレビ番組はほとんど地震の報道番組に切り替わっており、欠落少年であった私は親に向かって『こいつら、視聴率を取りたいんやったら、こういう時こそ普通の番組流したほうがええと思うんやけどな。』と言った。
親は勿論怒った。
今考えてみると、普通の番組を流しても視聴率は取れない気がする。

時間が経つにつれ、被害が拡大していった。当日の夕方には、神戸の街は火の海と化しており、一体どうやったら地震でこうなるのか、さっぱりワケが分からなかった。神戸に住んでいる親戚の人は皆無事だった。

というわけで、たいした被害も蒙っていない私は日々記憶も薄れ、
10年という歳月が流れました。
絶対に言えることは被害者の人々の気持ちなんて分かるはずがない、ということ。綺麗事がますます許せなくなる、
117日。

逆にやたらと自分の悲劇を語りたがる人間がいるが、そのことについて同情の意を示せば「当事者にしか分からん、お前に何が分かるというのか」という人間は心底悲しいと思う。所詮は他人だ。分かるわけがない。
だったら当事者同士で語ってろ、カスが!とも思う。



2005.1.16.sun.


<夢博士!!!>

遅い情報ですが、ユニバ×ストレンジ・デイズの続編が早くも3月に。デッカ・デラムの紙ジャケは、とりあえず半分ぐらい買いました。エルサレムを買おうと思っているハード・ロック・ファンの方は良いとして、プログレ・ファンにはお薦めできない、諸刃の剣。
お薦めは、サンフォレストとエッグです。
あ、
3月のタイトルではなんと念願のケヴィン夢博士が!!詳しくは、ストレンジ・デイズ編集長岩本氏の日記をどうぞ。

朝、バイトから帰ってきて、いつも通りサンデー・プロジェクトを見た。昨日の日記で書いた問題の討論。圧力があったところで、国民は別に驚かないと思うのだが。今さら誰もクリーンな政治を期待してはいない。

久々にロッキンオンを立ち読みした。
嫌いなものほど見たくなるのだ。ツクヅク嫌な心理だと思う。
ALBUM OF THE YEAR 2004が掲載されていた。1位がグリーン・デイとは何かの間違いか、と思ったが間違いではないらしい。特にどうってことはないが(というかほとんど知らないので)、ソニック・ユースとか低すぎだろ、明らかに。まぁ、私もナースより、ムーレイ・ストリートの方が好きだけど。とりあえず、パラパラ捲って久々に渋松対談だけ読んだ。
まだやってたのか。。



2005.1.15.sat.


<どーでもいい話>

従軍慰安婦問題を取り上げたNHKの番組(4年前)に政治的圧力があったか否か、の問題が沸騰中のようです。渦中の阿部さんは、朝日新聞の捏造であって、北朝鮮に対してアグレッシヴな姿勢を取っている私を陥れるような陰謀を感じる、というようなコメントを発していた。
イデオロギーが絡むと、恐ろしいですな。2ちゃんみたい。個人的にはどーでもいいんですけど。

バイト中の出来事で記すことは特にないが、一つだけ。
休憩中、相方さんが笑って『今の客が、マイルドセブン
FK、またの名を包茎と呼ぶ、と言ってきたんですけど、どう答えていいのか分からなかったです』と言ってきた。
ふむ、どう答えていいのか分からない。

世の中にはまだ阿呆な奴がいるのが分かって良かった。


2005.1.14.fri.


<人類滅亡を夢見る人の唄>

1月が嫌いだ。
この新年という言葉がたまらなく嫌いだ。
4月はなんなんだ、と。

ニコのチェルシー・ガールを聴くと、冬って感じがする。
ジ・エンドは駄目だ。
逝ける。
こんな美貌に恵まれた人が、何故こんな風になっちゃったんでしょうね。親御さん泣いてますよ、きっと。こんなリスキーな人が目の前に現れたら速攻で恋をしてしまうだろうな、とふと思った。


2005.1.13.thu.


<明日のねぐらはどこへやら>

早朝6時頃には二人とも床につき、12時前に起床。
喉はカラカラで、正午の現実感を帯びた人のザワメキがなんとも云えず憂鬱にさせてくれる。
仕度をし、友達と一緒に梅田へ。
タワレコでギャヴィン・ブライヤーズのベストを買って友達と別れ、帰宅。

ウォークマンで買ったばかりのブライヤーズの
CDを聴いているとなんだか自分がここにいないような気がして、このまま雲隠れしたくなった。勿論、現実的にそんなことが出来ないので、とりあえず意識の中で現実逃避。

もう
1月も半分が過ぎようとしている。
同年代の人は今頃アクセクと働いたり、自分の好きな事を追求しているのに私は一体何をやっているんだ、と私の中の比較的マトモな部分が警告を発するのだが私の中の駄目駄目な部分がどうしても勝ってしまうわけなんだな、これが。


2005.1.12.wed.


<世を拗ねた者へ捧げるうた>

昼間は、繰り上げ試験があったため学校へ。
学校に行くと、そこらにいる学生をマシンガンで一掃したくなるが、これを行動に移せば、宅間ナニガシと変わらないので、思うだけ。勿論、マシンガンも持っていない。マリリン・マンソンは昔少しだけ好きだった。
マイッタか、この野郎!
テスト中、シャープペンの芯が折れ、芯が無くなった。溜息と同時に、仕方がないのでボールペンで答案を書いた。学校に出てくると、ヤケクソ度合いが格段にレヴェル・アップする。

夜は友達と呑み。
彼とは月に
1回必ず呑んでいるのだが、会話の内容と私達の立場は前回とほぼ変わらないせいか、回を重ねるごとに虚無感と焦燥感が上がっている気がする。BGMは、早川義夫とか。。どよ〜ん。

『苦しく楽しく はたまた悲し
 悲し悲しや 親子鳥
 明日の ねぐらはどこへやら』(わらべ唄より)
 
『もうすこしなんとかなると思いつつ
 てんをあおいで願えども
 なんのインガか彼女はおらず
 いつも男といじけたはなし』(もてないおとこたちのうたより)


2005.1.11.tue.


<ガス・ストップ>

というわけで、ガスが止められた。
収納代行を送ってこずに、いきなりガスを止めるとは一体どういう了見か。すぐにお金を払いに行って、ガスを復旧して貰った。

その後、バイトの送別会があった。
が、寝坊して1時間遅刻。
寝ぼけ眼で、うつらうつらしながら、聞くともなしに話を聞いた。空気を読んで、参加しなければ良かった、とちょっぴり後悔した。

人は誰かと喋る時、メリット、デメリットを考えるだろうか。
私は考えると思う。
話をしていてつまらなければ、話さないほうが良いに決まっている。少なくとも、今日の送別会でためになる会話はなかった。とは言え、そんなことは話さずに分かるわけがないので、いつも後になって後悔する。
ん、一時間遅刻しておきながら、とんだ言いぐさだ。私ってやつは、とことん最低だと思う。

2次会はカラオケだと言うので、今度は空気を読んで帰った。


2005.1.10.mon.


<じゃがりこ、を見つけると、じゃがたらを思い出す件について>

夜中3時にバイトへ。
(メンテナンスがあったため、バイト一人では対処できないからヘルプ。)
が、業者が来ず、ひたすら二人で待ちぼうけ。

今日は成人の日だったらしい。私は
3年前がそうだった、ような気がする。バイト先には『成人式のため、この日は入れません』と言い、成人式なんか全く興味のなかった私は、一日中家で寝ていた。

高校の頃までの友達は全く連絡を取らなくなったし、きっと今顔を見ても分からないだろうと思う。大学の友達もきっと数年後には風化の一途を辿るだろうし、そう考えると、高校の友達は一生の友、と言った人は素晴らしい付き合い方が出来ているのだろうな、と思う。ご教授願いたい。

と言うことをつらつらと考えているうち、よし、久々に高校の頃の友達と連絡を取るか、と思ったが、携帯から綺麗さっぱり消去してしまっていた。

きっと、私の方に問題があるのだろう。


2005.1.9.sun.


<9時に吉野家は負けかな、と思っている>

9時までバイトをして、そこから相方さんと吉野屋へ。焼魚定食大盛りを頼んだが量が少なかったので、豚丼追加。それでもまだ腹一杯にならない、と言うと彼は少し呆れていた。もう一杯追加しようと思ったが、さすがに吉野家で1000円も使うのは気が引けたので腹八分目。

吉野家系の店にいる客は一人で来店する人が多いせいか、皆黙々と食べ続けている。そして、そこにいる中年の人からは、ほとんど生気が感じられない。この人達は何が楽しくて、早朝から吉野屋なんぞに来ているのだろう。
と、思ったけど、私達も同じだと言うことにふと気づいた。
因みに、今日の空は青かった。
人間は太陽が出ている間は起きなけばならない。

急いで家に帰り、日曜の日課であるサンプロを見る。新年第一弾は本年の経済予想があるのだけれど、なかなか面白かった。
経済アナリストどもが議論している間、後ろで待っている宮沢さん(元首相)が気になって仕方ない。いつ、こっくり逝くか分からないハラハラ感が良い。


2005.1.8.sat.


<?>

朝まで生バイト。
ジェフ・ベックの紙ジャケ全買いを諦めた。
それにしても、ルシファーズ・フレンドが面白い。
今更ながら。

夜もバイト。
日刊ゲンダイに、セシリア・チャンの記事が・・・!
切り取って持って帰ろうと思ったがすっかり忘れていた。



2005.1.7.fri.


<赤と青と黒>

ようやく学校へ行った。
追い詰められないと動かないという性格がここへ来て完璧に確立されてきたように思う。一片の隙すらない完璧さ、である。

大学にいる連中は、揃いも揃って阿呆ばかり(だと思われる。)。
私は阿呆だが、まともだ。
奴等は阿呆だが、まともじゃない。
私はまともだが、怠け者だ。
奴等は生塵みたいなものだが、真面目だ。
私は紙屑みたいなものだが、リサイクル可能である。多分。
生塵は分別せねばならない。
紙屑は適当で良い。
いや、まてよ。生塵も土に還せば、肥やしになるな。
土に還れ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

というような事を、頭の中で考えながら構内を歩いた。
別に本当にそんな事を思っているわけではないが、そう思うとスカっとしてくる。自治会のチラシがそこらに貼ってある。世が世なら、こいつらもこいつらだ。米帝がうんちゃらこうちゃら、書いている。読む気は全くしない。ドラエモンがいるなら、タイムマシーンで
60年代後半へ送り還してやりたい。いや、タイムマシーンに乗る途中の時空の狭間で突き落としてやりたい。

結局、授業を受けずに帰ってやった。
私はまともだが、怠け者である。


2005.1.6.thu.


<空を見上げよう>

学校へ行こうとしたが、雨が降っていた。
というわけで、学校へ行かなかった。
潔い決断である。
世の中、あれよこれよと迷う事が多すぎる。
そういうわけで、私は雨が降ると学校へ行かないというルールを作った。他にも、2枚欲しいCDがあって迷う場合は、両方買え、というルールも作った。

だから、学校へは行かない。


2005.1.5.wed.


<ひらく夢などあるじゃなし>

(タイトルより続く)少年よ、大志は抱かず大股開いてやれ!
の方が断然、良い。

マグマのレヴューを書こうとしたが、如何せん曲が長く、まだ展開を覚えきるまで聞き込めていないので、やっぱり後回しにします。というわけで、頭脳警察のレヴューを・・・。

本日もなんとも形容し難いくらいに、駄目駄目な一日だった。
テスト前なので学校にも行かねばならぬと言うのに、お得意の『明日があるさ』。なんてポジティヴなんだ!俺。

話が変わって、最近のメディアは、中国国民の反日感情とやらを大々的に報道しているが、中国国民が日本人のことを嫌いだと思っているとしても、だからそれが一体何だって言うのだろう。(俺のことが)嫌いなら 嫌ってやろう ホトトギス、か。

この前も、韓国で好きな国ランキングというアンケートがあったそうだ。日本では好きな国1位が韓国、2位がアメリカという結果で、それに対し、韓国では嫌いな国1位が日本だったらしい。で、それが何だって言うのだ。そのニュースの見出しは、ヨン様好き奥さん、ショック!であった。

日本人は自分は嫌われているか、ということを非常に重要視する。他人がどう思っているかが、自分達の価値を決めると思い込む。私もそうだと思う。もっと適当でいいと思う。
今年の私のテーマは、蚊帳の外に出ること。


2005.1.4.tue.


<あいすません、ヨーコさん>

夜中にジョン・レノン・スーパー・ライブ(録画)の放送があった。これは毎年思うことなのだが、少し(というか、かなりの)温度差を感じる。この虚しさ、つまらなさ、恥ずかしさは一体何なのだろう。傲慢ではあるが、アフリカ、アジアの貧しい子供達のために、という趣旨ならばもっと違う方法を取って貰いたい、と思う。少なくともそちらの方がファンにとっても、救いになるような気がする。
というか、ジョン・レノンのファンというのも虚しいものだな、と思った。
うーん、見なけりゃ良かった。

普段は全くヴァラエティを見ないのだけれど、ダウンタウン関連は見ないと、ということで番組名は知らないけど、相方をチェンジ(芸人の中でシャッフル)してコント(or漫才)をする企画番組を黙々と見て、笑っていた。
田中(ココリコ)はやっぱり面白い。動きの気持ち悪いところが。
というわけで、本日はテレビ・ウォッチの日となった。

日に日に時間だけが経過。太陽の日差しは一瞬だけで、すぐに冬空へ変わる。外に出ていると、メロトロンの音が聞こえてきそうだ。
ジェネシスとかの。
どよ〜ん。どよよ〜ん。


2005.1.3.mon.


<青春の光と影>

夜中にスタンド・バイ・ミーを見始めたが、風邪薬のせいで、途中でぐっすり眠り扱けてしまっていた。夜中の2時ぐらいには寝ていたはずだが、13時間近く寝ていた模様で起きると3時近くだった。どういうこっちゃ?
風邪薬如きで、凄い眠気だ。肝心の風邪への効用はあるんだか、ないんだか・・・。

なんと、今日もまた寝正月だった。何処も出掛けない。バーゲン、福袋と世間の皆さんは大忙しみたいだが、私は一人今日も家に篭もって、マイルスのマイ・ファニー・ヴァレンタインを聴き、ウーンと唸っていた。

というわけで、HPの更新をすると言いながら、またもや遅れています。実は新年明けてから、ジャズしか聴いていないので書けないのです。因みに、このDIARYの「メシ喰うな」は勿論INUのタイトル名からです。もし検索でやって来た人がいたら、ごめんなさい。


2005.1.2.sun.


<正月の過ごし方?>

正月番組は非常につまらない。
こたつで寝ながら、みかんを頬張り、見るともなしにテレビを見るという正月習慣が身に付いてしまっているせいか、ただなんとなく音楽を聴いていると妙に落ち着かない。これじゃ普段とあまり変わらんやんけ、と焦り、テレビをつける。
おっと、私は普段の生活自体が正月であったか。

皆さんの正月というのはどんなもんなんでしょうね。あえて正月というのに拘り、初詣に行ったりするのだろうか。私も昔から初詣は強制的に連れていかれたが、強烈な渋滞に巻き込まれ、さらには神社でも並びと、悲惨な記憶しかない。並んでもお参りに行こうとする意思をもっと他のことに使ったらどう?、と余計なお世話ながら助言してあげたくなる。

正月に拘らず、普段と全く変わらない生活を送り「えっ、今って正月だったの?」なんて言っちゃうハード・ボイルド野郎に少し憧れる。が、私は家で一人、風邪をひき、音楽を聴き、酒を飲む。
正月を意識しながら。
うーん、虚しい。


2005.1.1.sat.


<新年、明けましておめでとうございます>

朝まで生テレビを途中から見て、私の嫌いな人種を見てエネルギーを溜め込む。阿呆かこいつら、というエネルギー。

バイトの連中はこれから初日の出だの、初詣だのと言っていた。「初日の出見に行くか、家に帰るか、どっちがいいと思います?」と言ってきたので、とりあえず「大人しく初夢でええんちゃう?」と答えておいた。
だって、あまりにも寒すぎるだろ。今日は。。

私の初夢は、高校の頃の別に親しくもなんともないせ○さ○し君が出てきて、道に迷った私がその人について行くという夢だった。ような気がする。
で?

MENU  TOP